世界エイズ研究予防財団 日本事務所UNESCO

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ニュース&トピックス

2013/09/04/4~6月のエイズ発症146人、四半期では最多
2013年9月1日 読売新聞

 今年4~6月の3か月間に新たに確認されたエイズ発症者は146人で、四半期としては過去最多になったことが分かった。厚生労働省のエイズ動向委員会が発表した。


 未発症のエイズウイルス(HIV)感染者を合わせた患者数も計440人で、過去最多だった。

 発症者を年齢別にみると、50歳以上が58人と4割近くを占め、中高年で発症が増える様子もみられた。

 HIV感染からエイズ発症までの潜伏期間は5~10年とされる。2000~10年にHIVの感染者は増えたが、このうち検査を受けず治療しなかった人が、今年になりエイズを発症したとみられる。

 厚労省は、早期の発見や治療のため、保健所などでの検査・相談の利用を呼びかけている。


引用 読売新聞 YOMIURI ONLINE

CATEGORY:エイズ関連情報

  • HOME

Link

Information

世界エイズ研究予防財団 日本事務所
〒501-0501
岐阜県揖斐郡大野町稲富
1956 大里研究所内
TEL : 0585-34-3850
FAX : 0585-34-3858

お問い合わせ

このページの先頭へ